M様邸

内部手摺と玄関を出て階段を下りるまでの手摺工事です。特に外部の手摺は短い階段ながらもこれまで手がかりがなかったために、降りている御様子を見かけるとこれは危ないな、と感じる状態でした。短いながらも手摺の必要性を実感しました。