施工事例紹介

施工事例紹介

■バリアフリー・介護リフォームの施工事例■
高齢者の皆さんや、障害をお持ちの方々の立場に立って、介護保険の住宅改修などの諸制度を利用しつつ、いかに低コストで効率のよいリフォームができるか、常に考えてまいります。段差解消や手すりの設置から階段昇降機・リフト・ホームエレベーターの施工に至るまで、幅広くニーズにお応えしてまいります。
※画像をクリックするとその他の写真もご覧頂けます。

介護・福祉住環境整備の事例

K様邸WC・シャワールーム改修工事

新着K様邸WC・シャワールーム改修工事

既存のトイレと洗面・シャワー室を改修する工事です。施主様ができる限り自分で行いたい日常動作や、やはり今後の介護を見据えた動作を皆さんで話し合い、まとめたプランでした。

F様<介護保険住宅改修工事>

新着F様<介護保険住宅改修工事>

出入り口が安全に通過できるようにするのも介護保険の工事の一つとしてカウントされます。 開き戸を引戸に交換する作業も含まれますが、通常はサイズの問題もあるのでたいてい新規の建具を入れ替えることがほとんどです。 ただ今回の物件は躯体がコンクリートのため壁をむやみにいじれないこと、たまたま開口に合った引戸をお客様が保管しておられたことが重なって、じゃあこれを使いましょうということになりました。

W様<介護保険住宅改修工事>

W様<介護保険住宅改修工事>

今回の介護保険の住宅改修は、手すり工事がメインです。浴室内はユニットバスへの後付施工ですので、LIXILのアクセサリーバーを使用しています。

K様邸

K様邸

こちらは介護保険の住宅改修を使っての段差改修や手すり工事です。あちこちに段差があって部屋から外へ出にくいのですが、部屋から直接スロープを使って外部に出ることができます。対象者様は片麻痺なので、肘をつきながらゆっくりスロープを上り下りできるようにし、手すりも各所に横手すりを設けて移動の補助としました。

N様邸

N様邸<介護保険住宅改修工事>

車イスを御使用になることを第一に考えた介護住宅リフォームです。開口の狭い玄関をカバー工法で親子扉に変更。出入口も引き戸にしたり、スロープも設けています。

S様邸

S様邸

高齢者の方の日常動作の一番の問題は段差の克服です。今回は外部手摺の取り付けということで、正面玄関入口の鉄平石を外しながら柱を設けて作業を行いました。

I様邸

I様邸

こちらも介護保険を利用し、なるべく低コストで和式便器から洋式便器に変更する工事です。まず和式便器(兼用便器)を解体、タイルの補修、床モルタル補修、床クッションフロア貼り、最後は器具の据え付けを行いました。また、高齢者様の徘徊や転落を防止するための防護柵も階段上部に取り付けました。普段は階段の壁に倒しておくことができます。

M様邸

M様邸

こちらのお宅は、各所に手スリと車イス使用のためのスロープの設置が主な内容です。屋内はもっぱら車イスを使用。 段差は廊下と敷居の間で2cmくらいでここは車イスが通るのでゆるやかなスロープとしました。

M様邸

M様邸

内部手摺と玄関を出て階段を下りるまでの手摺工事です。特に外部の手摺は短い階段ながらもこれまで手がかりがなかったために、降りている御様子を見かけるとこれは危ないな、と感じる状態でした。短いながらも手摺の必要性を実感しました。

S様邸

S様邸

まずは、ユニットバスの品番から、メーカーに問合せ、取り付けが可能かどうか検討しました。今回はTOTOの後付けタイプを使用しましたが、 ユニットバスの壁面裏にはフレームなど目には見えない取り付け不可能な部分があるので要注意です。

介護予防デイサービスT様<改修工事>

介護予防デイサービスT様<改修工事>

もともと店舗だった物件をデイサービスに改修しました。今回は打ち合わせ段階からかかわらせていただきましたので、特に思いれ深い物件となりました。

施工事例紹介
住宅・マンションリフォーム
介護・福祉住環境整備の事例
工事内塗り床店舗の事例
その他の事例